便潜血検査で陽性と指摘された方へ

以下の項目に該当する方は要注意です

  • 便潜血検査で「陽性」と指摘されたことがある
  • 便潜血検査で「陽性」と指摘されたが、まだ2次検査を受けていない
  • 身内で大腸がんに罹患した方がいる
  • 大腸がん検診(便潜血検査)をまだ受診していない

便潜血検査で陽性と指摘された方へ

便潜血検査とは便の中に血液が混入しているかどうかを確認する検査です。野々市市や金沢市などが行っている大腸がん検診や会社の健康診断等でも便潜血検査は広く採用されていますが、便潜血検査の意義をしっかりと理解されている方が少ない現状です。

便潜血検査で陽性と指摘された際は消化管内で出血していることが多く、何かしらの病気が原因で出血している可能性が高いですが、便潜血検査で陽性と指摘されたにも関わらず大腸カメラ検査を受診されていない方が多くいらっしゃいます。

肛門から血が出ていたり、便器内が血で赤く染まっていると誰しもが不安になるかと思いますが、この便潜血検査は目に見えない微量の血液の混入も検出することができます。便潜血検査で陽性と指摘された方は、決して軽視することなく、お近くの消化器内科を標榜しているクリニックで大腸カメラ検査を受診して頂きたく思います。

便潜血検査で陽性と指摘されていたがコロナ禍で検査の受診控えをしていた結果に、進行した大腸がんの発見率が増加傾向にあるといった報告もあります。自分自身のお身体のことは勿論ですが、ご家族やご友人などの周りの方で便潜血検査で陽性と指摘された方がいらっしゃいましたら、受診することを強くお勧めしてください。

便潜血検査陽性で疑われる病気

以下のような病気が便潜血検査陽性時に疑われます。

便潜血検査陽性時に疑われる病気

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 直腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸憩室炎
  • 大腸憩室出血

この中でも特に気を付けるべきは「大腸がん」です。大腸がんとは名前の通りで、大腸内部に生じる癌です。部位別のがん罹患者数の内訳をみても、大腸がんは男女ともに上位に入ります。(※近年大腸がんの罹患者数は増加傾向にあります)

便潜血検査と大腸がん

便潜血検査では「便潜血2日法」がよく採用されています。便潜血検査を行う際に検便キットが2つ入っていますので、別々の日程で便を採取し、便中に血液の混入の有無を調べていきます。

人によっては「片方が陽性で、もう片方が陰性」と指摘される方もいらっしゃるかと思いますが、片方だけでも陽性と指摘された場合は、決して軽視せずに大腸カメラ検査を受診するようにして下さい。

下記は日本消化器がん学会が公表している「大腸内視鏡検診の成績を用いた,便潜血検査陽性反応適中度推定の シミュレーション」から抜粋していますが、便潜血検査で片方が陽性の場合に大腸癌に罹患している確率と、2つとも陽性と指摘された場合に大腸癌に罹患している確率を示した図です。

便潜血検査で陽性と指摘された際の大腸癌罹患率は、年齢が上がるにつれて増加傾向にあります。また、2回とも陽性であった場合の大腸癌罹患率は非常に高い数値となっています。

下図は便潜血検査で陽性と指摘された際の大腸腺腫(大腸ポリープ)の有無を示した図です。こちらの図も日本消化器がん学会が公表している「大腸内視鏡検診の成績を用いた,便潜血検査陽性反応適中度推定の シミュレーション」から抜粋していますが、便潜血検査で片方が陽性と指摘された場合でも、2回とも陽性と指摘された場合でも、大腸ポリープが生じている可能性が非常に高いことが見て分かるかと思います。

大腸癌は死亡率が近年増加傾向にあります。そんな大腸癌ですが、早期発見・早期治療が行えたら、決して怖い病気ではありませんので、便潜血検査で片方でも陽性と指摘された方は、大腸カメラ検査を受診して頂きたく思います。

便潜血陽性は速やかに大腸カメラ検査を

今まで再三記載しておりましたが、便潜血検査で陽性と指摘された方は大腸癌のような病気が原因となっていないか確認するためにも「大腸カメラ検査」を受診してください。

大腸カメラ検査とは肛門から先端にカメラついたスコープを挿入し、大腸内部の全域を直接観察することができる検査です。大腸カメラ検査では癌や大腸ポリープ、腸管内での炎症が生じていないか確認することができます。当院の大腸カメラ検査については是非HPをご確認して頂けますと幸いです。

大腸内視鏡検査について
詳しくはこちら

消化器のお悩みは当院まで

当院では消化器専門外来を行っています。便潜血検査で陽性と指摘された方は出血している原因を特定するためにも大腸カメラ検査を受けて頂きたく思います。また、便潜血検査で陰性であったとしても、腹痛、血便、慢性的な下痢や便秘、お腹の張りなどのお腹の違和感がみられる際はお早めにご相談ください。

TOPへ