過敏性腸症候群

過敏性腸症候群(IBS)

下痢や便秘、腹痛、膨満感などの症状が慢性的に続きますが、炎症・潰瘍・がんなどの器質的な問題がない状態です。蠕動運動をはじめとした腸の機能的な問題によって起こっていると考えられていて、緊張などのストレスをきっかけに症状を起こすことが多くなっています。胃腸は自律神経によって機能をコントロールされているためストレスの影響を大きく受けますし、食生活、腸内細菌叢のバランスなども発症に影響していると考えられています。

症状

過敏性腸症候群は、下痢型、便秘型、便秘と下痢を繰り返す交代型、膨満感などの症状を起こすその他というタイプに分けられ、それぞれ症状や治療法が異なります。

下痢型

緊張や不安といったきっかけで強い腹痛が突然起こり、トイレに駆け込むと激しい下痢になります。排便によって症状が治まりますが、1日にこうした症状を数回起こすこともあります。トイレに間に合わないのではという不安もストレスになるため、悪循環を起こしやすいという特徴を持っています。会議やテスト、面接といった場面や通勤・通学が苦手になるなど、日常生活にも支障を生じることも珍しくありません。
過敏性腸症候群は適切な治療によって改善できる病気ですから、できるだけ早めに消化器内科を受診してください。

便秘型

腸のけいれんという機能的な問題で便が停滞し、腹痛をともなう便秘になります。強くいきんでも小さくて丸く硬い便が少量しか出ずに残便感があるケースが多くなっています。強いいきみが習慣化して、切れ痔やいぼ痔を発症するリスクも上昇してしまいます。市販の便秘薬を常用して悪化させているケースもありますので、便秘が続くようでしたらご相談ください。

交互型

便秘と下痢を繰り返し、激しい腹痛をともないます。下痢によって便秘が解消するので問題がないと思っている方も多いのですが、肛門や大腸に大きな負担をかけ、さまざまな疾患リスクが上がってしまいますので、適切な治療を受けて快適な生活を取り戻しましょう。

その他

お腹が強く張る膨満感、お腹が大きく鳴る腹鳴、おならが無意識に漏れてしまうなど、排便と関係のない症状が現れるタイプです。

原因

腸の蠕動運動の過剰や不足、腸のけいれんなど、機能障害によって症状を起こしているとされていますが、はっきりとした原因はわかっていません。遺伝や食生活、ストレス、腸内細菌叢のバランスなども発症に関与していると指摘されています。
緊張などによって症状を起こしやすく、睡眠時に症状を起こすことはありません。

診断

既往症の有無やその内容、飲んでいる薬、症状の内容、起こるきっかけなどについて問診でくわしくうかがいます。ライフスタイルやお困りの点についてもご質問しています。
過敏性腸症候群の症状は他の大腸疾患でも生じるものばかりですから、炎症などの器質的な問題がないかを大腸カメラ検査、血液検査などで確認します。当院では無痛の大腸カメラ検査を行っています。経験豊富な医師が大学病院レベルの再診内視鏡システムを使って精緻に検査していますので、負担の少ない検査を楽に受けていただけます。安心していらしてください。

当院の大腸カメラ検査について

RomeIV基準

器質的な問題がないと確認されたら、世界的に標準化されたRomeIV基準によって医師が診断します。

診断方法

過去3ヶ月間以内に、平均して1週間に1日以上、下記の2つ以上があてはまる繰り返す腹痛があり、6ヶ月以上症状が続いている事。

  • 排便によって症状が緩和する
  • 症状とともに排便の回数が増減する
  • 症状とともに便の形状が変化する

治療

タイプや症状の内容、特にお困りの点などに合わせたきめ細かい治療を行っています。支障のある症状を優先して緩和させるよう心がけた診療を行っていますので、些細なことでもご相談ください。また生活習慣の改善などに関しても、具体的にわかりやすくご説明しています。ストレスなく続けられる範囲で改善を続けることが重要です。

生活習慣の改善

食生活

食べ過ぎないよう注意します。1日3食を決まった時間にとるようにして、水分もしっかりとってください。
刺激が強い唐辛子・カフェイン・アルコールをできるだけ控え、栄養バランスのいい食物繊維の多い食事を心がけます。

運動

やや速足の散歩、階段利用を心がけるなどの軽い運動を習慣的に行ってください。

生活

休息や睡眠をしっかりとってください。入浴は夏でもできるだけバスタブに浸かってしっかり温めるようにします。スポーツや趣味のスケジュールも作って、ストレスを上手に解消してください。

薬物療法

対症療法が中心になりますが、腸の症状を改善するための薬剤は種類も多く、効果の出方や作用機序の異なるものが数多く存在します。また新しい薬剤も次々に登場しています。当院では、症状の内容やお困りの点、体質、既往症、ライフスタイルなどにきめ細かく合わせた処方を行っています。
治療で症状の現れ方が変われば処方内容も変わってきます。そのため、再診でもくわしくお話をうかがって最適な処方に微調整しています。服薬タイミングや効果の現れ方などについてもご相談いただけますので、気になることがあればなんでもご相談ください。

TOPへ