新型コロナウイルス感染症対策

医療機関受診の際に、このようなお悩みはありませんか?

  • コロナが心配で、医療機関に行くべきか迷う
  • 外出に時間をかけたくない
  • 消化器症状があって診察を受けたいけれど、不安
  • 病院に行くのがなんだか怖い

コロナウイルスによる感染が世界中に拡大して日本でも多くの感染者が出ている中、医療機関を受診するべきかどうか迷っている方も多いと思います。当院では、患者様がこうした心配や不安に悩まされることなく、安心して診察や検査を受けていただけるために、徹底した感染対策を行っています。

外来 コロナ感染対策

1、待ち時間ゼロ

当院の外来は予約制とし、受付後の待ち時間なく、ご予約時間になればすぐに診療を受けられるようにしています。待合室の滞在時間を極力減らすことで患者様同士の接触をなくして、感染機会を減らしています。

2、オンライン診療導入

外出しなければ感染する危険性を大幅に減少できます。そうしたお考えの方のために、当院ではオンライン診療を導入しています。処方箋やお薬もご自宅に届くため、医療関係者や他の患者様を含めた他人との接触機会がなくなり、感染リスクのない診察を受けることができます。

詳しくはこちら

3、事前WEB問診導入

当院ではインターネットを利用してご来院前にご自宅などで問診票の記入が可能です。ご来院いただいてから待合室で問診票への記入をする必要がないため、待ち時間や院内滞在時間を大幅に短縮できます。また、リラックスできる環境で時間をかけてご記入いただけますし、途中でメモや日記を参照してより正確な情報を記載できるため、診察自体もスムーズに進みます。

4、院内消毒の徹底

当院では院内の衛生環境に関する厳しい基準を設けており、スタッフが定期的に消毒を行っています。患者様やスタッフが触れる可能性がある場所をこまめに消毒して、院内感染リスクを最小限に抑えています。

5、空間の使い分け

空間を使い分けることも、感染予防には有効です。当院では、外来診察でご来院された方と、内視鏡検査を受けにいらした方を別の空間に分けて、接触機会を最小限にしています。

6、医師・スタッフと患者様の空間的隔離

受付のパーティションで、スタッフと患者様の空間を隔離しています。

7、患者様同士の空間的隔離

当院では、外来を予約制にすることで、患者様同士のご来院時間をずらし、待合室に滞在する人数を最小限に抑えています。

当院の外来対象

当院では、消化器内科や肛門科、一般内科を中心とした診療を行っています。熱や咳以外の一般内科症状、消化器疾患・肛門疾患の疑いがある方や継続した治療を受けている方・外科疾患の診療や内視鏡検査をご希望されている方が当院の診療対象になります。

コロナウイルス感染の可能性がある方へ

大腸ポリープ切除のメリットと手法感染症指定医療機関としての十分な感染対策を実施することができないため、コロナウイルス感染の可能性がある場合、当院の診察は受けられません。発熱やかぜ症状を認める場合は、問診(電話、WEB問診)後、自家用車内で診察させていただきます。診察可能な時間になりましたら、指定の場所へご案内いたしますので、事前に携帯電話番号をお伝えいただくか、LINE登録をお願いいたします。また事前の問診でコロナウイルス感染の疑いが高いと判断した場合は、当院での診療は行わず対応可能な医療機関への受診をご案内させていただきますので、あらかじめご了承ください。

内視鏡 コロナ感染対策

1、胃カメラ検査を受ける方は、内視鏡待合で待機いただいています

胃カメラ検査でご来院された場合には、外来待合室とは完全に空間を分けた内視鏡待合にご案内して、待ち時間はそこでお過ごしいただいています。

2、大腸カメラ検査を受けられる方のために、個室トイレを完備

当院では、検査前の下剤を院内で飲む大腸カメラ検査でご来院された場合、専用のトイレを完備した個室をご用意しています。

3、検査時は、防護服の完全装備体制をとっています

内視鏡検査時には、日本消化器内視鏡学会による内視鏡検査時の感染対策に準拠し、防護服を完全装備しています。こうした徹底した対策によって検査時の感染を確実に防ぎ、患者様が安心して検査を受けられるようにしています。

まずはご予約お願いします

当院の外来や検査は完全予約制です。気になる症状があるなどで受診される場合や、内視鏡検査をご希望の場合には、HPよりご予約をお願いします。インターネットにより、24時間、いつでもご予約いただくことができます。また当日でもご予約は可能ですので、HP、電話でご予約いただいてから来院頂きますようお願いします。
事前WEB問診なども、ぜひご利用ください。

TOPへ