乳がん治療

乳がん治療について

乳がん治療には、手術、放射線療法、薬物療法があります。基本的にがんを取り除く手術が行われ、必要に応じて放射線による局所治療や薬物療法を組み合わせて行います。状態により、手術の前に薬物療法を行い、がんを小さくしてから手術を行うこともあります。

手術

患者様のご希望に合わせた病院にご紹介し、手術を受けていただきます。手術後の治療・経過観察の一部は当院で受けられます。些細なことでも気軽にご相談ください。

放射線治療

放射線治療が受けられる高度医療機関をご紹介します。治療後のフォローは当院で継続して受けられます。また、患者様のご希望に合わせて病院の紹介も可能です。

薬物療法

薬物療法は主に全身に散らばっているがん細胞を攻撃する治療法です。内分泌療法、化学療法、分子標的治療などがあり、乳がんの性質や進行度に応じて選択されます。一般的には手術後に行われますが、がんが縮小し乳房の温存が可能になることを期待して、手術前にも行われることがあります。当院では主に内分泌療法を行っております。化学療法や分子標的治療が必要と判断された場合は、連携する医療機関で受けていただきます。

主な手術法

乳房温存手術

がんを含む乳腺の一部を切除し、乳頭や乳輪を残す手術法です。切除範囲が比較的小さく、乳房の変形が少ないことが利点です。

乳頭乳輪温存乳房切除術(Nipple Sparing Mastectomy)

乳腺をすべて摘出しますが、皮膚・乳頭・乳輪を残す手術法です。乳房温存手術が難しい場合に選択されます。整容性の高い乳房再建手術が可能であり、喪失感を軽減できます。

乳房切除術

乳頭、乳輪を含めた乳房すべてを切除します。乳房の温存が困難な場合に選択されます。また、温存可能な状態でも、患者様が乳房切除術をご希望されて行うこともあります。

センチネルリンパ節生検

乳癌がリンパの流れによって最初に転移すると考えられる腋のリンパ節を切除し、転移の有無を調べる手術です。

腋窩リンパ節郭清

センチネルリンパ節に転移があった場合は、さらにその先のリンパ節を切除します。リンパ節転移の数はその後の治療法を決定するための項目の一つとなります。

TOPへ