乳腺症

乳腺は女性ホルモンの分泌周期に反応して常に変わっています。乳腺症は乳腺の周期的な変化によって、乳房腫瘤や硬結、痛みを起こす疾患で、組織を調べると様々な変化が混在しています。30~50代に多く、閉経すると減少していきます。画像検査では乳がんなどの病変と区別がつかないことがあり、組織検査による診断や、慎重な経過観察が必要になる場合があります。
また、乳腺症ではしこり、痛みなど、乳がんと似た症状がみられることがありますので、乳腺外来を受診して鑑別のための検査を受けることをおすすめします。

主な症状
  • 月経の周期に合わせて変化する
  • 乳房の痛み、違和感や張り
  • しこりや硬さ

乳がんとの鑑別

乳腺症は多彩な変化を起こしますので、マンモグラフィや超音波検査で鑑別できる場合もありますが、乳がんとの鑑別が難しいケースも少なくありません。特に石灰化が起こった場合は画像検査で鑑別できないため、組織や分泌液を採取し、病理検査を行って確定診断する必要があります。鑑別のための検査には、針で検体を採取する細胞診と、細胞診よりも太い針で検体を採取する組織診があります。組織診は、しこりの良性・悪性や、種類などの詳細な結果が得られます。組織診では皮膚を切開して検体の組織を取り出す場合もあります。
乳腺症でも硬化性腺症は特にしこりの状態が乳がんに似ており、内部ががん化している可能性がありますので、鑑別が重要です。

乳がんについて
詳しくはこちら

TOPへ